IZU AROEの温泉話・・(奥下田温泉・観音温泉№2)

 平成21年11月5日(木)

 今年 41回目の温泉・・・ 奥下田温泉「観音温泉」 №2 の記載デス~

 温泉好きの方なら 「観音温泉」はご存じの方が多いと思いますが、実は ここ数年で ドンドン「進化」している様子です・・・
 正直、私が 初めて訪泉した13年程前には、泉質だけが「文句なし」という感じでしたが、4年程前から徐々にリニューアル。
 チョット暗い感じの大浴場が、スッキリと明るい大浴場に大変身。露天も広々だし、休憩ロビーも段階的に改装されたうえ、全室 源泉かけ流しの露天風呂付き「ピグマリオン」なる新館を増築。
 更には、全室 庭園露天風呂付きの「正運館」、離れの「産土亭」・・・等々。 館内も少しずつリニューアルが進み、現在は ホントに清潔感あふれる「豪華旅館」という感じになりました。

 以前から、有名スポーツ選手等が頻繁に訪泉しているのは地元でも知られていて、最近では スポーツ選手だけでなく、誰でも知っている女優さんや芸能人もチョクチョク訪泉している様です。

 まあ、豪華旅館やホテルは、どこにでも存在する訳ですが、ここ「観音温泉」の一番の特徴は なんといっても「PH9.5の強アルカリ単純泉」!!
 自家源泉が2本あるので、大浴場の「大総檜風呂」と露天等でのスベスベ感が微妙に異なりますが、温泉に興味の無い方でも、チョット浸れば「この スベスベ・ツルツル感は・・???」と驚く筈デス。

 また、数年前から販売された「飲む温泉 PH9.5強アルカリ単純泉、硬度0.7超軟水 観音源泉」が予想外(失礼・・)に大人気で、地元のスーパーや観光土産店での売り上げが相当伸びている様子なんですヨ。
 私も、胃腸が弱いのと 体質改善の為に、訪泉時には 必ず噴湯口から何杯かと、脱衣場にある無料の観音源泉水を飲んでいます。(但し、あまり一度に大量に飲泉するのは良くないそうですけど・・)
 
 で、余談ですが、私も数回お会いしたことがある(といっても 某温泉講座の席ですけどネ)財団法人 「中央温泉研究所」所長・理事である 甘露寺 泰雄氏(理学博士でもあります)の「観音温泉」についてのコメントに、「学術的に、近くの伊豆の各温泉よりも ナトリウムイオンや炭酸水素イオンやメタケイ酸などの含有量が高い。」というのがあります。
 これが、「美肌の湯」と言われる所以なのかは分かりませんが、メタケイ酸自体は弱酸性ですが、液性がアルカリ性・・・ 因みに、アルカリ性が皮膚の脂肪を分解して「脂肪酸ナトリウム」を生成するので、これが「石鹸」と同じ役割をするから、アルカリ泉の温泉に浸れば、身体の汚れを落とす効果があるし、肌がスベスベ・ツルツルに・・・
 って理屈になるようですネ。

 と、長くなりましたが、今日の訪泉で、アチコチが前回と変化していたので、少々驚いた次第デス。

 ただ、以前にも指摘させてもらいましたが、日帰り入浴の場合(12時から15時半までで、原則1時間)12時丁度に入館しても、露天風呂と内湯の微温湯に温泉が貯まっていない・・・
 実際、前回も前々回も前々々回も同様でした。 以前は、15時半までの時間制約もなく、宿泊客からの要望で 日帰り入浴客の時間を制限した訳ですから、もう少し 日帰り入浴の客のことを考えてもらいたいと思います。
 あと、欲を言えば、入浴後の休憩スペースですが、今では 外部がほとんど。夏場はいいのですが、これからの寒い時期には チト辛い~~ 是非、ご一考をお願いしますネ。
 
画像

 ※ 画像は、星空の満天露天風呂。パンフレットより抜粋させてもらいました。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント