IZU AROEの温泉話・・(赤沢温泉・赤沢日帰り温泉館)

 平成21年3月17日(火)

 今年 17回目の温泉は・・・

 今日は、私用で伊東方面へ出掛けてきました。 天気も良く、伊豆半島の東海岸沿いを車で走ると なかなか気分爽快~ でも、風が時折強く吹いていたので、しっかりハンドルを握っていないと車体があおられることもしばしば・・・ 車高のあるワンボックスカーっていうのは、横風に弱いもんで、皆さんも気を付けましょうネ!

 と、肝心な温泉の話は・・・ 
 私用もなんとか10時半頃に済んだので、いつものように頭の中で「温泉検索」~~ 伊東で午後からなら、ホントは「D東館」にでも行ってみたいと思っていましたが、3時間以上も時間を潰すのもしんどいし・・・
 で、天気もいいことだし、海を眺めながらの温泉・・ということで、久々に赤沢温泉へ向かいました。

 今でも女性に大人気?の赤沢温泉「赤沢日帰り温泉館」到着が 午前11時15分。 土日祝だと駐車場もほぼ満車状況なんですが、流石に平日?3分の一程度の駐車率。
 少しはノンビリ出来るかな~~と思いながら入館。 券売機で、平日の日帰り入浴料1,200円を購入して、今日の男湯3階へ。 ロッカーへ衣類を放り込んで、早速 久々の大パノラマを・・・と期待したんですが・・・
 残念ながら、天気の割には眺望イマイチ~~ まあ、それでも 目の前の太平洋の海原と、北川方面の海岸線がなかなか綺麗でしたヨ。
 まずは、内湯の大浴場からスタートして、外の露天へ。 今日はたまたま3階が男湯になりましたが、3階も4階もほぼ眺望は同じ感じデス。 露天に浸りながら海を眺めていると、ホントに「温泉と海の融合」って感じ。
 何も考えずに この状況でボケ~~~~~~っとしているのが好きなんですよネ~~

 暫し露天を堪能した後は、寝湯とジェットバスとスチームサウナとDHCの湯を次々に・・・
 因みに、男湯の方は 12,3名くらい。これなら十分ノンビリ浸れますネ。 多分、4階の女湯は もっと混雑しているんでしょうけど。
 で、ここ赤沢日帰り温泉館の温泉は、泉質が カルシウムーナトリウムー塩化物・硫酸塩泉。PH8.6。
 源泉は、赤沢字浮島の「対馬76号泉」を使用しています。源泉温度は43.2度ですが、施設内は42度になっています。
 ここの人気の秘密は、眺望の良さだけでなく、手ぶらで立ち寄れること。まして、女性にはお馴染みのDHCのアメニティが豊富だし、タオル・バスタオルも無料。1階のレストランでは食事も出来るし、2階の休憩室もあるし・・・
 これなら入浴料金1,200円(土日祝1,600円)は高くないでしょうネ。
 ただ、気になったのは、大浴場の内湯の塩素の臭い・・・以前よりも少しキツい気がしました。これほどの大きな施設で 全て源泉かけ流しってのは 勿論不可能なんですが、チョット残念な気がして・・・
 まあ、それでも十分「気分転換」をさせてもらえました~~

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント