IZU AROEの温泉話・・(天城温泉・禅の湯)

 平成20年11月18日(火)

 今年 30回目の温泉は・・・

 最近は、なかなか仕事の疲れもとれずに、満身創痍状態が続いています~
 例年 この時期には、だいたい訪泉回数も40回以上というのが自分の訪泉ペースなんですが、今年は 家の事情や地域の役員絡みの雑用も増えて ようやく11月の後半で30回・・・・

 やはり、週1回ペースで「温泉」というのが体調面でもベストなんでしょうけど、なかなか思うようにはいかないもので。

 と、ボヤキはこれぐらいにして・・・

 今日の訪泉先は、何度か「穴場温泉」としてご紹介した 天城温泉「禅の湯」デス!

 たまたま、仕事が休みの女房も 珍しく?同行。 南伊豆の自宅を出発するときは、目的地「赤沢日帰り温泉館」の予定だったんですが、最近はアチコチで道路工事が目立ち、下田へ出るまでに3箇所、河津手前で1箇所・・・
 おまけに、お年寄りマーク(正式名称はなんて言うんでしょうか?)の超スローペースの車が数台あって、結局 河津通過が9時20分すぎ。 で、急遽 目的地変更~
 一応、天城温泉「禅の湯」の日帰り入浴は、午前10時からなので 稲取手前のファミレスでちょっとコーヒータイム。
 9時55分頃にUターンして河津へ。ここから天城方面へ。
 「禅の湯」到着が 10時15分でした。
 平日でもあり、慈眼寺横の駐車場もガラガラ。 早速、お寺側の入り口から入館。 入浴料金1人千円を支払い、タオルセットを受け取ってから大浴場へ向かいました。
 やはり、男湯も女湯も先客ゼロ~~~~ 今日もラッキー~~~~

 で、勿論私は 男湯の方で、まずは シャワーを浴びてから内湯で5分。 次が 外の露天。
 「禅の湯」の温泉は 源泉かけ流しなので、「石の湯」(鉱石サウナ)に入る前に 露天の湯口からコップ2杯ほど飲泉。 
 露天で10分ほど温まった後、いよいよ「石の湯」へ突入。
 いつもより やや低温気味?で、15分くらい入ってました・・・が、汗が全身から噴き出してくるような状況。
 (女房いわく、全身の毒素が抜けるような感じ・・だそうです)
 で、一度内湯へ戻って、汗をシャワーで洗い流し、再度 内湯に浸る。 そして、露天へ移り 露天横にあるリラックスチェアーで暫しゴロ寝~~
 身体が冷めた頃に もう一度「石の湯」。で、仕上げに内湯。

 これで 結局、約1時間10分。 湯上がり後は、いつもの休憩室で 水分補給をしながら一服・・・

 私は、この「禅の湯」には プレオープンの時から利用しているので、既に10回以上は訪泉している筈ですが、女房は 確か3回目・・・  結構気に入っている様で、平日また来ようネ~ と言っておりました・・・(が、正直 一人で来るほうが 時間を気にしなくてすむのでいいんですけど・・・)
 と言うわけで、今日も 平日の「特権」で貸し切り状態で満喫させてもらいました~~

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント