IZU AROEの温泉話・・(河内温泉・金谷旅館)

 平成19年1月19日(金)

 今年 3回目の訪泉は・・ 河内温泉「金谷旅館」デス。

 昨日が夜勤明けで、今日は なんとか休日。 丸1日寝ていようか・・とも考えたんですが、せっかくの平日の休みに「温泉」へ行かないなんて もったいない・・って訳で、あてもなく出発。
 東海岸沿いって思ったんですが、下田へ来た時に、ハタと思いだして 某金融機関へ進路変更。 今年から、新通帳に切り替えないといけない取引金融機関があって、平日の営業時間内でないと手続出来ない・・・ で、少し 時間がかかってしまたが、無事手続終了。
 チョット これから東海岸沿いはシンドイ?ってことで、蓮台寺駅に近い 河内温泉「金谷旅館」へ。
 昨年の訪泉回数が一番多かった「金谷旅館」ですが、今年は これが1回目の訪泉。
 到着は、午後1時半頃。 駐車場は、6台ほど。 平日料金700円を支払って、「千人風呂」へ直行。 籠へ衣類を放り込んで、早速「千人風呂」へ。
 湯気で奥の方は見えないが、先客は3人ほど。 で、タップリと掛け湯をしてから、中温浴槽へ。外が寒いせいもあって、湯温は 丁度いい感じ。
 中温浴槽には、70代くらいのお爺さんと、露天を何度も行き来している 若い?カップル。
 女性の方は、広い木造浴槽に驚いているようで、何度も歓喜の奇声を挙げておりました・・

 私の方は、いつものマイペースで、中温浴槽に約10分。 で、低温浴槽へ・・・が!
 ナント いつもより 湯温が低い!! 多分、通常よりも 2度ほど低いんじゃないですか?
 いつもは、ゆっくりと身体を沈めれば大丈夫なのに、この湯温では チト勇気が必要・・
 で、少しずつ掛け湯をして 恐る恐るの入浴。 
 まあ、5分ほどすれば 身体も慣れて、後は いつものように 中温浴槽と低温浴槽の往復を3セット・・・ 2時半頃には、5,6人の訪泉客も入ってきて、結構 賑やかになってきました。
 で、最後に 高温浴槽の源泉を身体に5、6杯掛けてから退散してきました。
 ※ここ 金谷旅館の「千人風呂」は、大きな檜大浴場なんですが、場所によって 湯温が異なっています。 その「温度差」を上手に利用して、自分に合った入浴法で 温泉を楽しみましょうネ。「千人風呂」に隣接して、露天風呂もありますので、途中 休憩をとりながら、ノンビリと温泉に浸れますヨ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント